八幡・中間相続遺言相談室
相続手続きに関する相談事例

八幡の方より相続についてのご相談

2022年01月07日

相続手続きを自身で行うことは可能なのでしょうか。行政書士の先生、教えていただけませんか。(八幡)

 先日八幡に住んでいた母が亡くなり、無事葬儀を終えました。父は5年前にすでに亡くなっているため、相続人は私と弟の2人のみで、どのように分割するか話し合いは既に終えています。母の財産としては住まいであった八幡市内の自宅と銀行口座に残されていた預貯金くらいです。相続手続きについて専門家へ依頼することも考えましたが自力でできるのであればやってみたいと考えています。相続手続きを自身で行うことは可能なのでしょうか。可能であれば、アドバイスを頂けませんか。(八幡)

相続手続きはご自身で進めることも可能です。

相続手続きはご自身で進めることも可能です。手続きの中には期限が定められているものもありますので、事前に把握をしたうえで手続きを行いましょう。

相続手続きを行うにあたっての流れについてご説明します。

まず、亡くなったお母様の相続人が誰になるか調査を行います。相続人の調査のためにはお母様が生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍が必要となります。戸籍を確認するとお母様の相続人が本当にご相談者様と弟様のみであるということを第三者に証明することができます。なお、多くの方は引っ越しや婚姻によって複数回転籍をしています。生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍謄本を取得するためには戸籍を読み取り、従前の戸籍を管轄する役所へ問い合わせする必要があります。

また、相続人の現在の戸籍も必要となりますので、併せて取得しましょう。戸籍謄本は財産を調査する際や不動産の名義変更時にも必要となります。

役所が遠方であるなどの理由により出向くことが戸籍の取得は郵送などにより取り寄せることも可能ですが、届くまで日数がかかる、取り寄せるための書類を集める必要がありますので早めに手続きを行いましょう。

相続に関してお悩みの八幡の皆様は法律の専門家であるご不明点がある方は八幡・中間相続遺言相談室へご相談ください。八幡・中間相続遺言相談室では八幡近辺の相続に関するお悩みを行政書士が親身になってお伺いしております。初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、お気軽にお問い合わせください。八幡の皆様のご来所を所員一同、心よりお待ち申し上げております。

八幡の方より相続についてのご相談

2021年10月05日

Q:母の再婚相手が亡くなった場合、私は相続人にあたるのでしょうか。行政書士の先生教えてください。(八幡)

私の母は女手一つで私と妹を育て、長年連れ添っていた八幡の方と3年前に再婚し、2人で趣味に打ち込みとても幸せそうでしたが、その再婚相手が先日亡くなったと連絡を受けました。
私も参列し、八幡市内の葬儀場で無事葬儀を終えましたが、母にとっても突然のことで、すっかり気落ちしてしまっています。

また、再婚相手はいくらかの財産を持っており、私もその方の相続人にあたるので、相続手続きを行ってほしいと頼まれています。
母の手助けをしたい気持ちはありますが、そもそも私は再婚相手の相続人にあたるのか疑問に思い、ご相談させていただきました。
行政書士の先生教えてください。(八幡)

A:再婚相手の方と養子縁組をしていない限り、ご相談者様は相続人には当たりません。

再婚相手の方の相続人は配偶者にあたるお母様と、他に実子や養子がいればその方となります。
相続手続きをするにあたっては誰が相続人にあたるか亡くなった方が生まれてから亡くなるまでの戸籍を取り寄せ事前に調査する必要がありますが、ご相談者様は養子縁組をしていない限り相続人ではありません。
成人が養子縁組する場合には養親または養子が養子縁組届を提出し、双方の自署と押印が必要となりますので、養子縁組をしていればご自身で把握しているでしょう。

もしも養子縁組をしていて、再婚相手の方の養子である場合にはご相談者様も相続人となります。
なお、相続をしたくない場合には相続放棄の申述を家庭裁判所に行うことで相続放棄することもできます。

八幡・中間相続遺言相談室では八幡のみならず、周辺地域にお住まいの皆様から相続手続きに関するご相談を多くいただいております。
相続手続きは慣れない方にとっては複雑な内容となり、多くの時間を要する手続きになるかと思われます。
八幡・中間相続遺言相談室では八幡の皆様のご相談に対し、最後まで丁寧に対応させていただきますので、安心してご相談ください。
また、八幡・中間相続遺言相談室では八幡の地域事情に詳しい相続手続きの専門家の行政書士が、初回のご相談を無料にてお伺いしております。
八幡の皆様、ならびに八幡で相続手続きができる事務所をお探しの皆様にお目にかかれる日をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げています。

八幡の方より相続についてご相談

2021年06月05日

相続が発生し金融機関に戸籍を提出しましたが、不十分だといわれました。行政書士の先生、相続手続きに必要な戸籍について教えてください。(八幡)

行政書士の先生にお聞きしたいことがあります。私は八幡で一人暮らしをしている50代の女性です。先日八幡市内の病院に入院していた父が亡くなり、相続が発生しました。母もすでに亡くなっているので、一人娘の私が相続することになると思います。

そこで父が亡くなったことを証明する戸籍と自分の現在の戸籍を用意し、相続手続きをするために八幡にある金融機関へ向かいました。すると「この戸籍だけでは不十分です」といわれてしまいました…。一人で相続手続きをしなければならないので、このまま手続きが滞ってしまうと困ります。

ほかにどのような戸籍が必要なのか、教えていただけると助かります。(八幡)

相続手続きで必要になるのは、“お父様の出生からお亡くなりになるまで”の全戸籍です。

ご相談ありがとうございます。今回、金融機関から戸籍が不十分といわれたとのことですが、相続手続きではお父様の出生からお亡くなりになるまでの全戸籍が必要になります。

この全戸籍には戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本が含まれており、戸籍を取得することでお父様の父母の氏名や続柄、婚姻、死亡日などの身分関係事項が確認できます。

仮にこの戸籍においてお父様に養子や隠し子がいると判明した場合、その方も相続人のひとりとして財産を相続することになるため注意が必要です。

なお、お父様の出生からお亡くなりになるまでの全戸籍ですが、過去に戸籍を置いていた自治体からそれぞれ取得しなければなりません。人生において複数回転籍しているのが普通ですので、ひとつの自治体で戸籍がそろうことはまずないといえるでしょう。

戸籍を置いていた自治体が遠方にある場合は郵送での取得も可能ですが、そのための書類をそろえる手間や日数がかかることを念頭に置く必要があります。ご相談者様のようにおひとりで相続手続きを行う場合や戸籍の収集に時間を割くのが難しい場合は、専門家に依頼するのもひとつの方法です。

「どこに依頼すればいいかわからない」とお悩みの際は、八幡にお住まいの皆様の相続・遺言書作成を多数お手伝いしてきた八幡・中間相続遺言相談室まで、まずはお気軽にご相談ください。初回相談は無料です。スタッフ一同、八幡にお住まいの皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申しております。

八幡・中間相続遺言相談室の
初回相談が無料である理由

八幡・中間相続遺言相談室では、初回の相談を無料でお受けいたしております。それは、相続に不慣れででお困りの方や悩みを抱えていらっしゃる皆さまに、気軽にご相談いただきたいと考えているからです。
初回の無料相談は、90分~120分ほどのお時間の中でお話をお伺いし、お困り事に対しての適切な対応・対策をご案内いたします。
地域密着の相続の専門家として、最後まで親身に対応をさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

八幡・中間相続遺言相談室の
無料相談のご案内

1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい!

お電話にてお客様のご都合の良い日時をお伺いいたします。
当事務所の専門家のスケジュールを確認させて頂き、ご来所又はご訪問のご予約をお取りいたします。

2

ご予約いただいた日時に
事務所へお越しください。

多くの方は行政書士などの事務所に訪問されたことが無いと思いますので、すこし緊張されるかもしれませんがご安心ください。
当相談室では、スタッフが笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合には、丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお電話ください。

3

無料相談にてお客さまの
ご相談内容をお伺いいたします。

無料相談は90分~120分程度になります。
お客様のご相談内容を詳しくお伺いし、経験豊富な専門家がお客様のお話を確認させていただきながら、どのようなお手伝いが可能であるか、分かりやすく丁寧にお伝えさせていただきます。
費用についても初回無料相談時に詳しくご説明させていただきます。

八幡西(黒崎・折尾)・中間宗像
相続・遺言のご相談なら
お任せください!

お電話でのご予約はこちら 八幡・中間近郊の相続・遺言のご相談ならお任せください! 0120-930-597 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ