遺言書の検認手続きについて

自筆証書遺言又は、秘密証書遺言は、必ず勝手に開封してはいけません。家庭裁判所において検認の手続きを行ってから開封する必要があります。家庭裁判所外で遺言書を開封するとペナルティとして5万円以下の過料に処されます。

検認手続きの目的

  1. 相続人に対して遺言の存在、内容を知らせる
  2. 遺言書の形状・加除訂正の状態・日付・署名等、遺言書の内容を明確し、偽造・変造を防止する

※検認の手続きにおいては、遺言書の内容が法的に有効か無効かは特に判断されません。

※2020年7月10日より「法務局における遺言書の保管等に関する法律」に基づき、法務局に保管されている遺言書は、検認手続きが不要とされました。

検認手続きの流れ

  1. 遺言書の保管者ないし遺言書を発見した相続人が、遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所にて検認の申立てを行います。
  2. 相続人全員に対して家庭裁判所から遺言書の開封をする期日の通知が届いたら、申立人は検認手続きに出席します。その際、他の相続人の出席は任意ですので全員出席する必要はありません。検認当日は、家庭裁判所において相続人等の立会いの下、遺言書の開封と検認が行われます。欠席した相続人には検認が行われた旨の通知がなされます。
  3. 遺言書の原本は申立人に返還されます。遺言書に検認済証明書を付けるため、検認済証明書の申請をします。

検認手続き後

遺言書の検認後は、遺言書の内容に従って不動産等の名義変更の手続きを開始します。遺言書に記載されていない遺産が見つかった場合は、その遺産に関しての分割方法について相続人全員で遺産分割協議が行われます。

相続手続きの関連ページ

八幡・中間相続遺言相談室の
初回相談が無料である理由

八幡・中間相続遺言相談室では、初回の相談を無料でお受けいたしております。それは、相続に不慣れででお困りの方や悩みを抱えていらっしゃる皆さまに、気軽にご相談いただきたいと考えているからです。
初回の無料相談は、90分~120分ほどのお時間の中でお話をお伺いし、お困り事に対しての適切な対応・対策をご案内いたします。
地域密着の相続の専門家として、最後まで親身に対応をさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

八幡・中間相続遺言相談室の
無料相談のご案内

1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい!

お電話にてお客様のご都合の良い日時をお伺いいたします。
当事務所の専門家のスケジュールを確認させて頂き、ご来所又はご訪問のご予約をお取りいたします。

2

ご予約いただいた日時に
事務所へお越しください。

多くの方は行政書士などの事務所に訪問されたことが無いと思いますので、すこし緊張されるかもしれませんがご安心ください。
当相談室では、スタッフが笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合には、丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお電話ください。

3

無料相談にてお客さまの
ご相談内容をお伺いいたします。

無料相談は90分~120分程度になります。
お客様のご相談内容を詳しくお伺いし、経験豊富な専門家がお客様のお話を確認させていただきながら、どのようなお手伝いが可能であるか、分かりやすく丁寧にお伝えさせていただきます。
費用についても初回無料相談時に詳しくご説明させていただきます。

八幡西(黒崎・折尾)・中間宗像
相続・遺言のご相談なら
お任せください!

お電話でのご予約はこちら 八幡・中間近郊の相続・遺言のご相談ならお任せください! 0120-930-597 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ