生前贈与と贈与税

贈与税とは

自身の財産を第三者に無償で与える事を贈与と言い、贈与税とは個人が現金や不動産等、価値あるものを受け取った際に受け取った人に課される税金のことを言います。贈与した方、取得した方双方の意思の合意のうえで贈与とされます。
また、贈与税には基礎控除額が設定されています。

贈与税の基礎控除額

贈与税の基礎控除額 110万円/年間(1/1~12/31)

一年間の贈与額が110万円を超えると、超えた部分に対して贈与税が課税されます。
贈与税は基本的には譲り受けた全財産が課税対象となりますが、一般的な常識の範囲内である扶養義務者から受けとる生活費、教育費、見舞金は贈与税の非課税対象となります。

贈与税の課税価格

先ほどご説明したように、贈与税には110万円の基礎控除額が設定されていますが、その他にも非課税枠が設けられた特例がいくつかあります。

非課税枠の一例

配偶者控除(婚姻関係が20年以上ある夫婦間):居住用不動産又は居住用不動産を得るための金銭贈与が行われた際に、基礎控除額である110万円とは別に2,000万円まで控除される。

また、贈与時は税金として課されることはありませんが、将来相続時に相続税として課せられる制度があります。
将来相続税のかかる予定がない方向けの制度です。

相続時精算課税制度

60歳以上の父母もしくは祖父母から、20歳以上の子もしくは孫へと財産を贈与した場合、2,500万円までは贈与税は課税されません
ただしこの贈与については相続開始時に持ち戻して相続税を計算することになります。
また贈与を受けた年の翌年の2月1日~3月15日までに贈与税の申告が必要です。

相続関連の税務と贈与の関連ページ

八幡・中間相続遺言相談室の
初回相談が無料である理由

八幡・中間相続遺言相談室では、初回の相談を無料でお受けいたしております。それは、相続に不慣れででお困りの方や悩みを抱えていらっしゃる皆さまに、気軽にご相談いただきたいと考えているからです。
初回の無料相談は、90分~120分ほどのお時間の中でお話をお伺いし、お困り事に対しての適切な対応・対策をご案内いたします。
地域密着の相続の専門家として、最後まで親身に対応をさせて頂きますので安心してお任せ下さい。

八幡・中間相続遺言相談室の
無料相談のご案内

1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい!

お電話にてお客様のご都合の良い日時をお伺いいたします。
当事務所の専門家のスケジュールを確認させて頂き、ご来所又はご訪問のご予約をお取りいたします。

2

ご予約いただいた日時に
事務所へお越しください。

多くの方は行政書士などの事務所に訪問されたことが無いと思いますので、すこし緊張されるかもしれませんがご安心ください。
当相談室では、スタッフが笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合には、丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお電話ください。

3

無料相談にてお客さまの
ご相談内容をお伺いいたします。

無料相談は90分~120分程度になります。
お客様のご相談内容を詳しくお伺いし、経験豊富な専門家がお客様のお話を確認させていただきながら、どのようなお手伝いが可能であるか、分かりやすく丁寧にお伝えさせていただきます。
費用についても初回無料相談時に詳しくご説明させていただきます。

八幡西(黒崎・折尾)・中間宗像
相続・遺言のご相談なら
お任せください!

お電話でのご予約はこちら 八幡・中間近郊の相続・遺言のご相談ならお任せください! 0120-930-597 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ